四柱推命*己(つちのと)の人

今日は四柱推命あるあるで、

己=土の人の傾向を経験をふまえて書いてみます。

いきなり己(つちのと)と言われても、??になる方も多いと思うので、簡単に説明しますね^^

四柱推命では生年月日から、その人の潜在的な生まれ持った要素が自然界のエレメントで表されます。↓↓

(木)甲&乙=木&花、(火)丙&丁=太陽&炎、(土)戊&己=山&土、(金)庚&辛=金属&宝石、(水)壬&癸=海&雨

(木火土金水)の陽と陰のコンビ、合わせて10のエレメントがあります。

今日はその中で、土の陰である、己(つちのと)について。

土の人は命を育む性質を持っているので、包容力があり優しい方が多いです。また育てるという点で、教育者やプロデュース能力のある方が多いと言われてます。よく例に挙げられる有名どころでは、林修先生や、秋元康さん。

命を育むとは、まさしく愛だと思うのですよね。愛情を内に秘めてる方だと思います。

ただ愛情と愛って少し違うので、純粋な愛から派生する行動‥でなく、愛情から義理人情的に、誰かのために人の為に尽くしがちになります。

包容力もあって、知らず知らずの内にストレスに変化している事が多いと思います。

人の為に尽くす事も素晴らしいと思います。ですが、まず自分が満たされている状態であるかは大切です。^^

等身大で出来る優しさ、温かさを意識すると自分も相手も楽になるかなと思います。

また「ちょっと疲れてるな自分‥」と感じた時には、人の事よりまず自分だわ!と軌道修正するタイミングだと思いますので、参考までに^ – ^

内に秘めた愛情を、必要としている人に渡し、生まれ持ったティーチング能力を自分が好きな分野で発揮できると、自分らしく輝けるのではないかなと思います。

四柱推命*己(つちのと)の人” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。