月干支のエネルギー読み

2020/3/5〜啓蟄〜「己卯」

2月に巡っていた「戊寅」の春の山のエネルギーから、3月は「己卯」の春の土のエネルギーに変わります🌸

〜本*ひかりの暦より〜

啓蟄*けいちつは、様々な虫が土を押し上げて外に出てくる、春の生命力が感じられる時期。この時期は春雷が鳴るため、虫たちはこの音に冬眠を覚されるのだ。

月の干支が切り替わるタイミングは、二十四節気という時間軸です。二十四節気というのは、「光」を基準に出来ています💫

〜気温や気象は季節に従って移り変わるが、その節目や変化の度合いはまちまちであり、そんなものの中で一つだけ、毎年同じリズムで変化していくものがある。

それは太陽光の射す、時間の長さ。二十四節気というものがもともと「ひかりの暦」なのである。〜

四季の移り変わりのタイミングだと思ってたのですが、その本質は放射される光の時間の長さだったのですね🌟

2020年の春分は3/20。地球が波動を上げて次元を上げていくタイミングもまた、光の時間の長さを基準にしていること。そんなことを感じると、私達も、地球も共にこの時を生きているんだなぁと感慨深くなります。

啓蟄は、虫たちが春の目醒めと共に外へ出てくる時なのだけれど、私達もまさしく虫と同じで、新たに目醒める時で、本にもあるように、「眠りからの覚醒」の時なんだな〜と感じてます❣️

己卯に変化する啓蟄、そして春分。それが意味することは?

自然界のエレメントは四柱推命では全部で10個あって、そのどれもが地球になくてはならない大切な自然の宝なのですが、その中でもより地球そのものに近い自然界のものは「土」という感じがします。

その地球の意識が、目醒めていくとき。

アセンションについては、人が存在する分、それぞれのご意見はあると思いますが、私は地球の目醒めを信頼していて、私もまた意識を上げていきたいと思ってます。

地球に生きとし生けるものが、目醒める時💫

随分序章が長くなりました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

具体的な月干支エネルギーとしましては

庚子の年から見ると、己と庚は相性が良く、過ごしやすさのあるエネルギーの月かと思います。

ただ、コロナウィルスでいつもとは違う社会での、過ごしやすさとはなんなんだろう、と思ったのですが、それでも宇宙の流れの中で、それも共存しているという事だと感じます。

この状況の中で、一人一人が深い部分での気付きを得る時なのかなと感じてます。その内容は、人によって全然違って、でも、気付くべくして気付く、そんな感じです。私も健康体な自分の体にムリを強いてきたとこがあって、体や食事に真剣に向き合う時だ〜と感じてるところです。

己が表す意味としましては、万物の成長が完了を迎え、整い形が定まること。成長が頂点を迎える時は、新たな筋道が生まれます。卯は、それが盛んである時を意味します。

私達も地球も、新たな筋道へ移行していく時かもしれず、それは宇宙を挙げて応援してくれていることだと思います。

私を信頼する。この流れを信頼する。他者を信頼の眼差しで見る。その中で出した判断に間違いはきっとなく、すべては良き流れの中にある。

温かくして、ゆっくりと呼吸して、ごはんを美味しく頂き、好きな人と過ごし、自分をご機嫌にして過ごしたいですね^^🌷

それと、己の土の一か月なので、ちょっとガーデニングをして気分転換したり、鉢植えを部屋に置いてみたり、ベランダに出で、夜風にあたって春の気配を感じてみたり🌃。制限のある中でも、今いる場所で出来ることはたくさんあると思うので、小さな幸せや目の前にあるものに感謝をして♡

今、日用品や必要なものが足りない、なくなる、というピンチの集合意識が強いと思うので、

そんな時こそ、ただ吹いている風やそこに生えている植物、じっと見つめてくる野良猫、太陽の日差しや、しとしとと降る雨、そんな私達と共に存在してくれているものに目を向けると、本当に必要なものは、そんなに実は多くないんじゃないかな、とふと思えるように感じます🌿

いや、私もトイレットペーパーがじきになくなるので、要らなくなったタオルや服を切って使おうかと思ってます。あるもので試して、この際この状況を楽しみたいなと思う最近です。

みなさんが、新たな光の道を歩み出される1ヶ月となります様に💫